岐阜県養老郡でのインプラント治療、矯正治療、レーザー治療なら早崎よ歯科

早崎よ歯科早崎よ歯科
早崎よ歯科

インプラント治療をご存知ですか?

まるで本当の自分の歯のように生活できる。それがインプラント治療です。

インプラント治療とは、手術によって、歯を失った顎骨(あごの骨)の中に人工の歯根を植え込み、人工歯を取り付ける方法です。

顎の骨と人工歯根によって、しっかりと人工歯を支えることができます。そして、自分の歯と同じように使うことができ、しっかりと物を噛んで食べる事が可能です。

欧米先進国では失った歯の治療の第一選択としてインプラントを行い、インプラント治療が不可能な方にブリッジや義歯で治療します。


インプラント豆知識
インプラント治療の起源を訪ねてみると、その歴史は最古までさかのぼることができます。インカ帝国のミイラの口の中にエメラルドの歯が植え込まれており、歯石が付着していたことから明らかに何年も使用していたことがわかりました。

その後、時代が変わり象牙や動物の歯などが植えられました。どうもこれらは長期間使用できなかったようです。

近年になってステンレスやゴールド、セラミックなど錆びない材料を使ったインプラントが日本でも臨床応用されました。長期間使用できなかった方も多くいらっしゃいました。

その後、純チタンが「骨と癒着」することが発見されたため成功率が高まり、現在では歯を失った方の治療の一手段として注目されております。
インプラント

このような方に適しています

  ■ 部分入れ歯が嫌いな方
入れ歯 入れ歯 ・入れ歯には抵抗がある。
・入れ歯が会話の途中で外れてしまう。
・入れ歯の安定が悪くて物がうまく噛めない。味わえない。
・食べ物が挟まって痛い。
・見た目がかっこ悪い。人前で笑うのが恥ずかしい。
point
インプラント インプラント 歯の無い部分に適切なインプラントを入れ、
固定式の人工歯を取り付けます。
金具もないため他の歯を傷つけることはないですし、見た目も自然な仕上がりになります。
  ■ 健康な歯を削りたくない方
ブリッジ ブリッジ ブリッジで治療をする場合には、両隣の歯を削らなくてはなりません。
健康な歯を削ることで、その歯の寿命が短くなってしまう恐れがあります。
point
インプラント インプラント インプラント治療でしたら健康な歯を削る事がないので、他の歯に負担をかけずに歯を取り戻す事ができます。

▲ページTOPへ戻る

インプラント治療機器

当院ではこのような機器を使用して、より安全で確実にインプラント治療が出来るような環境を整えております。
高性能インプラントモーター インプラント埋入用ドリル  
高性能インプラントモーター
"implantMED "
インプラント埋入用ドリル  

▲ページTOPへ戻る

インプラント治療例

        ■ 前歯がなくなってしまった場合の治療例 1
インプラント症例 point インプラント症例
インプラント症例

        ■ 前歯がなくなってしまった場合の治療例 2
インプラント症例 point インプラント症例
        ■ 奥歯がなくなってしまった場合の治療例 1
インプラント症例 point インプラント症例
        ■ 奥歯がなくなってしまった場合の治療例 2
インプラント症例
義歯の内側に金具をつけ、インプラントに「カチャ」とはめ込むことによって義歯が固定する方法です。
point インプラント症例
インプラント症例

▲ページTOPへ戻る

患者様の声

インプラントで喜び噛みしめて。
キーンという金属音に怯え、歯に痛みがきてもトコトン限界まで我慢してきた報いで、とうとう還暦を前にしてものが噛めない状態となり、仕事にも身が入らずどうしたものかと悩んでいた折り、友人から「インプラント治療」の体験談を耳にし、半信半疑でインプラント治療の相談に望みました。詳細を知るに及び、治療後の機能を考えたらインプラントこそ究極の治療法と悟り歓喜して治療をお願いしました。

ものが噛めない苦痛で惨めな時に出会ったインプラント及び周辺治療(歯周病等)により、その後の私のライフスタイルに大きくプラス作用し様々な意味で喜びを噛みしめています。

きれいな歯を削らずに治療ができました。
きれいな前歯は私の自慢のひとつでした。約半年前にその前歯をぶつけて折ってしまいました。

急いで近くの歯科医院に駆け込みましたが、根の部分が折れているので差し歯もできないと言われ、抜くことになりました。抜くことだけでもショックだったのに、歯を治すには隣の歯を削ってブリッジにしなければならないと言われ、泣き出してしまいました。

そんな私を見るに見かねて、その歯科医院の院長先生が、インプラント治療を紹介してくれました。そのとき初めてインプラント治療を知りました。手術をすると言われ、はじめは怖かったのですが、優しいスタッフや先生方に恵まれ安心して治療を受けることができました。

治療が終了して3年経ちますが、全く自分の歯と同じ感覚で使うことができます。また見た目にもまったく変わらないので以前のように大きな口を開いて笑うことができます。(笑顔が戻ってきました)。これからも自分の体の一部としてインプラントを大切にしていこうと思います。

▲ページTOPへ戻る

インプラントQ&A

インプラント治療は誰にでも受けられるのでしょうか?
残念ながら現時点では誰もが受けられる治療法ではありません。
年齢、健康状態、顎の骨の状態、口の中の状態などにより適していない方がいます。
以下の方は治療を受けることができません。

【年齢】   
15歳以下の方は、顎の骨が完全に育ちきっていない為、治療を受けることができません。
【健康状態】
手術に適していない体調の方、骨粗しょう症の方、糖尿病の方(コントロールできている方は除く)、高血圧、心臓病の方、腎臓病・心臓病・貧血症・血液疾患(軽度の方は除く)の方、リウマチや皮膚病でステロイドホルモンを使用している方、アレルギー体質(薬物、金属)の方
【顎の骨】
骨が痩せている方、骨の質が悪い方
【口の中の状態】
お口の手入れが良くない方、できない方。噛み合わせが悪い方。
歯周病(歯槽膿漏など)の方は、歯周病治療が終了次第、インプラント治療を行います。
【その他】
ヘビースモーカーの方

このような方はなぜ治療を受けることができないのでしょうか?
【肝臓病・腎臓病・糖尿病などの方】
土台となる骨の質が弱く、インプラントを支えることができません。
歯肉が弱く、細菌感染に対する抵抗力が低いため、インプラントの周りが化膿しやすくなっています。
【歯周病(歯槽膿漏など)の方】
歯周病菌は伝染するため、インプラントが炎症を起こしてしまう可能性があります。
【噛み合わせの悪い方】
噛み合わせが悪いと、一部の骨やインプラントに余分な力が入り、噛む力に耐えることができません。
【お口の手入れが良くない方】
インプラントは自分の歯に比べて、歯周病に対する抵抗力がありません。食べたらすぐに磨くなどの口腔衛生管理が必要です。

インプラントの寿命はどれくらいなのでしょうか?

多くの方は長期間使用できます。 インプラントの寿命は健康状態、顎の骨の状態、噛み合わせの状態、口の中の手入れの状態によって変わってきます。毎日の手入れなど大切に使えば90%以上の方が10年以上使用できます。

※手入れが悪いとどんなに他の条件が良くても長期間使えません。 インプラントは悪くなってもあまり痛みを感じません。すなわち、定期検診を受けなければなりません。


インプラント治療は大変ですか?

インプラント治療には、手術が必要です。手術は歯を2〜3本抜く程度の感覚ですが、埋まっている親知らずを抜くよりは楽です。
手術時間は、約1時間程になります(※治療する本数により異なります)。
治療期間は1回目の手術で、 インプラントが骨と癒着するまでに約2ヶ月〜6ヶ月、人口歯の制作に約1ヶ月〜2ヶ月程かかりますが、
通院回数は数回ですみます(※症例によっては多少増えることもあります)。


インプラントは危険ではないのでしょうか?

当院で使用しているインプラント材料は「純チタン」です。この「純チタン」はインプラントだけでなく多くの医療材料として使用されており、体内にも使用可能な安全な材料です。現在まで発ガン性などの報告は一切ありません。
ですが残念ながらインプラントは、すべての方が一生使用できるわけではありません。なかには除去しなければならない場合もあります。除去しなければならない原因の多くは「インプラント周囲の骨の炎症」です。骨の化膿が広がらないうちに抜去すれば、危険なことはありません。


インプラントの具合が悪くなったらどうするのでしょうか?

インプラントは全ての方が一生使用できるわけではありません。なかには除去しなければならないケースもあります。インプラント除去は多くの場合「自分の歯」を抜くのと同じです。インプラントを除去した場合、ほとんどの方が「ふたたびインプラント治療」を希望されます。インプラントを抜いた部位の骨が回復したら、再度インプラント治療を行います。
ただし、骨の吸収が進んだ場合には再度のインプラント治療が不可能な場合があります。
* インプラントが悪くならないように手入れを行い、定期検診を受けましょう!


インプラント治療はどこの医院でも受けることができますか?

基本的にはどこの歯科医院でも治療を受けられます。インプラント治療は年々「進化」し続けています。最新の知識と技術、設備を備えているほうが良いことは言うまでもありません。
当医院ではインプラント治療専門医が治療に当たっております。お気軽にご相談ください。


治療費は健康保険が適用になりますか?

インプラント治療は健康保険診療の対象外になり、すべて自由診療料金(自費診療)となります。
ただし、インプラント診療以外の歯科診療につきましては健康保険内診療も適用できます。


骨が痩せているのですがインプラント治療は可能ですか?

インプラント治療は長さは10〜15mm、太さが4mm前後のチタン製のネジ形態のインプラント(人工歯根)を顎の骨の中に埋め込む治療法です。そのインプラントを支えるだけの十分な骨が必要です。ですので骨の移植により、インプラントに必要な骨を確保します。

▲ページTOPへ戻る